やみのブログ

やみなべのゲームプレイ日記、及び攻略ブログです

今後の活動について

新年あけましておめでとうございます。

去年お世話になった方、いろいろありがとうございました。

今年もどうかよろしくお願いいたします。

 

さて題名にもある通り、いきなり何ぞやと思われた方もいらっしゃると思いますが

私やみなべは3月をもって今勤めている会社を退社し、完全にフリーな男に転生することになりました。

 

理由としては色々ありますが、平日と休日問わず勤務がある都合上どうしても世間のイベントに出る機会が減ってしまうというのと、単純に今後も夜勤を続けていくと精神的、肉体的摩耗が激しいと感じたのが主な理由です。

 

また仕事を辞めると当然収入源が無くなる為、しばらくは貯金を切り崩しつつ生活して行きます。

 

ですがその分時間にも余裕ができますので動画投稿やブログの投稿頻度を増やして行こうと思います。(ゲーム配信も今まで通りやります)

 

スマブラに関してももっと積極的に打ち込んでいく予定ですので、もし支援していただけるような方がいらっしゃればDMにご連絡いただければと思います。

 

とりあえず3月までは今まで通り社会人スマブラーとしてやっていきますのでどうかよろしくお願いします。

じんるいのみなさまへ ネタバレ付き感想 —急—

どうも、やみなべです。

 

長らく?続いたシリーズもそろそろ終わりが見えてきました。

ぶっちゃけそんなに引っ張るほどのゲームでもない

 

前回までは結局食糧どうしよう魚食いたい肉食いたい→ガバガバハンモックなんちゃってテルミットで解決してましたが、事態は急変します。

 

f:id:Yaminabe:20190722051502j:plain

f:id:Yaminabe:20190722051704j:plain

f:id:Yaminabe:20190722051915j:plain
 

供給元が不明だったガス、水道、電気が次々と止まってしまいます。割とマズいのでは…?

 

しかしこの世界にはサバイバルブック顔負けの同人誌が大量に所蔵されています。

俺の家の近くにもほしい。

ガスは紙薪を作り対処します。止まっていたのも設備の故障ではなく単に燃料切れだったのが救いでした。

 

f:id:Yaminabe:20190722051543j:plain

 

ホテルのボイラー室にて紙薪を燃料にガス供給装置を再稼働します。

この時の稼働音が蜂に襲われるSEと同じですが気にするだけ負けです。

さてガスはとりあえず何とかなった、水道電気はどうしよう?となるわけですが

 

f:id:Yaminabe:20190722051624j:plain

 

浄水プラントへ水を引いている個所に土だか砂利だかよくわからないものが詰まってどうしようもないとのことです。

普通はここで詰まりを解消するのかと思いきやもう何個かある浄水プラントに繋がっているであろう水車を地上で探そうとの事。やはりこのゲーム一筋縄ではいかない。

水車は見つけたもののスイッチを切り替えないと浄水プラントに流れそうにないとのことで頑張って切り替えます。

 

f:id:Yaminabe:20190722052215j:plain

 

切り替えて水が出るように。これで解決かと思いきや電気の発電がまさかの水力発電らしく、前回浄水プラントに切り替えたせいでホテルへ電力供給がままならなくなったからかもとの事。

正直言ってること意味わかんないんですが電力供給用の水車も他の箇所があるだろうということで地上を探すことに、どうせあるんだろうなと思ってると

 

f:id:Yaminabe:20190722052302j:plain

 

やっぱりあるわけですわ。ただし今は送水先が秋葉原駅になっているので、それをUBXに切り替えないといけません。

つまりそれは畑に満足な水が供給できなくなることを意味します。別にどうでもいい。

 

f:id:Yaminabe:20190722052339j:plain

 

和美の心が痛む結果になりましたが何とかライフラインが復旧。

調子に乗ってゲームセンターで遊んだりしてますがどうでもいい場面なので割愛。

ゲーセンで遊ぶ用として拾ったお金が残っているので、ゲーム開始時から今まで開けることのできなかったコインロッカーが開けられるようになりました。

中身はぬいぐるみだったりラジオだったりのよくわからないものが入ってます。日記も入っていたので見てみることに。

 

f:id:Yaminabe:20190722052516j:plain

f:id:Yaminabe:20190722052533j:plain

 

どうやらウイルスに罹患した人間を冷凍睡眠させ、それ以外は宇宙に逃げようとのことです。へー

現実が呑み込めない一行は帰路につきます。朝起きてこれからどうしようか話していると

 

f:id:Yaminabe:20190722052644j:plain

 

唐突に今まで行けなかったエレベーターに行けるようになり下った先にジェットエンジンが3基も置かれていました。(????)

これを起動したらホテルだけじゃなく町全体の電力も復旧しそうだから起動しようよ!とかバカきょーかは抜かすわけですが全員そこそこ馬鹿なので止めることもなく起動することに。

 

f:id:Yaminabe:20190722053142j:plain

 

うわあぁぁ・・・・・・!じゃないよこれ書いたやつにうわあぁぁだよ俺は

テルミット反応にも無反応だった彼女たちがこれぐらいでバラバラになるわけもなくピンピンしています。

 

f:id:Yaminabe:20190722053216j:plain

 

ハイパークソ分かりづらいですがジェットエンジンを回したおかげで町全体の電力が復旧したそうです。(恐らく背景の電灯が灯ってるのがその証拠)

ぶっちゃけ電力を復旧させるのにそこまで目的があったわけではないのですが、とりあえず当面の目標としてロッカーから拾ったラジオから電波を拾えるかもしれないからアンテナとか作って色々試してみようという流れに。

 

なっているにもかかわらずここでまた唐突にホテルのアナウンスが鳴ります。

 

f:id:Yaminabe:20190722053302j:plain

 

朱香が眠っているカプセルをロックするとのことです。他の5人に比べて事態が重いのかもしれません。

500円を払ってないので眠ってもらうしかありません。心苦しいですがカプセルのアナウンス通り再び冷凍睡眠モードに入ってしまいます。

 

f:id:Yaminabe:20190722053419j:plain

 

ここできょーかまさかのド畜生発言。昔喧嘩別れした相手だったかもしれないから起きなくて安心したとか宣ってます。誰かこいつの舌抜いてくれ。

 

朱香は眠りについてしまいましたがそこまで深い掘り下げはありません。

結局ラジオの感度を上げてみるも自分達が使っている電子機器の電波干渉でノイズが入っていただけと判明。無念。

 

徒労感に襲われているとここでまた唐突にホテルのアナウンスが鳴ります。

 

f:id:Yaminabe:20190722053813j:plain

 

ホテルの受付みたいな場所で謎の端末から色々質問をされます。

カプセルは自動的に空いたか、この町から出て行った人はいるかなど聞かれますが適当に答えます。(選択肢はない)

最後に今起きている5人がそれぞれ氏名を答えると5階に向かうようアナウンスされます。

 

 そこでこのゲームの核心である世界の真実とやらを聞かされるわけですが、

 

f:id:Yaminabe:20190722053901j:plain

f:id:Yaminabe:20190722053921j:plain

 

宇宙から飛来した隕石にくっついてたウイルスのせいで3年間で人類の3割にあたる25億人が死亡、罹患していない50億人も宇宙に逃げるという選択肢を取ったようです。

きょーか達が眠りについていた理由は肉体を仮死状態にし、ウイルスの寿命を待つためでもありますが

 

f:id:Yaminabe:20190722054002j:plain
 

強力なワクチンが採取可能かもしれないなどという超絶曖昧な理由であったことも判明します。おまけに地球で寝てる人数はわずか5千人足らずしかいない模様。

 

f:id:Yaminabe:20190722054042j:plain

 

家族からのビデオレターも残っているとのことですが肝心の彼女たちには家族との記憶がほとんど残っていません。何の意味があるんだホントに…

ビデオレターを見た後に心底どうでもいい百合っぽいシーン(和美×勇魚、永里那×幽々子の組み合わせ、きょーか…)がなくもないのですがあまりにクソどうでもいいんで興味ある人はアーカイブ見てください。僕は疲れました。

 

そして帰り道で初めて夜空を見ることになるわけですが、

 

f:id:Yaminabe:20190722054209j:plain

 

空に浮かんでいる星が不自然との事。もうどうでも良くない…?

プラネタリウムに行き映した星を図に書き記し、それを空の物と比較しようという流れに。紙とペンはどこからという突っ込みは通用しません。

 

f:id:Yaminabe:20190722054515j:plain

 

天体望遠鏡の作り方ももちろん同人誌にバッチリ書いてあったので比べてみた所やはり見覚えのない星が実際の空に光り輝いているとの事。

そこでトランシーバーやアンテナを改造して宇宙と交信しようという流れに。勝手にしやがれ

 

何のかんのでうまく宇宙と交信できたらしく、海に宇宙から謎の物体が到着。

前ホテルで受けたような質問を再度され返答すると…

 

f:id:Yaminabe:20190722054327j:plain

 

なんと冷凍睡眠開始時から500年も経過していた事実が判明するのでした。

これには俺も苦笑い。(多分スタッフも)

 

f:id:Yaminabe:20190722054622j:plain

 

その後の交信内容としては地球に残っている人類が全員目覚めたことを確認(朱香は黙殺)できたから2週間後に宇宙からの先遣隊が来て2年後には宇宙にいる人達が全員地球に帰還するそうです。

明らかに現状のその場しのぎサバイバルをするよりかはそれを待ったほうがいいと思うのですがこの子らはバカなので今の生活を脅かされたくないーだの言い出します。

 

ということで先遣隊が来る前に秋葉原から脱出し、旅行を続けようということに。

燻製肉とかの食料と海から出る用の船も準備し、宇宙から来る人類に向けて手紙を書き残していくわけですが、

 

f:id:Yaminabe:20190722054716j:plain


 

バカ丸出しなうえに日本語として破綻している文章でタイトル回収というオチ。

あまりにもひどい。

 

f:id:Yaminabe:20190722054743j:plain

 

で船出。

 

f:id:Yaminabe:20190722054813j:plain

 

からのED。は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、は????????????????

 

って感じで1週目終わりです。

ほんと何のためにこのゲーム作ったのかよく分からないんですけど誠に残念なことにDLC分の記事も書かないといけないのでまた頑張って書きます。

 

f:id:Yaminabe:20190722054928j:plain



じんるいのみなさまへ ネタバレ付き感想 —破—

 どうも、やみなべです。

 

とりあえずのあらすじとクソみたいなマップの説明を見て何と無く察していただけたとは思いますが、まだ序の口です。

 

アーカイブ内にプレイ風景は全て納めてあるのでここからはツッコミどころを厳選して載せていこうと思います。

 

まず登場人物の紹介が済んでなかったので軽く説明します。

 

f:id:Yaminabe:20190713014225j:plain

 

(本日発売と書いてあるが07/13現在も公式サイトにデカデカと表示される)

 

榛東 京(しんとう きょうか)左から3番目。アホの子ってかアホ。彼女のモデリングしか作られていないためかパーティー編成では1番固定である。

おそらく主人公かと思われるが基本役に立たない。周りからは明るいのが取り柄と言われている。

 

少弐 勇魚(しょうに いさな)一番左。貴重な常識人&料理担当。ストーリーシーンでの料理はお手の物だがプレイヤーが料理する場合はほぼカップ麺を振る舞うポンコツでもある。和海とつるむことが多い。

 

菓子 永里那(かし えりな)右から2番目。それっぽいことを言ったりするが役立たず担当2人目。ゲーム好きだがそもそもまともに電気が通ってないので何も出来ない。幽々子と一緒につるむことが多い。

 

小松 和海(こまつ かずみ)左から2番目。肉体労働担当。サバイバル知識がやたらと豊富で血抜きも出来る。おそらくこの子がいなかったら全員死んでる。勇魚とつるむことが多い。

 

邑楽 幽々子(おうら ゆゆこ)一番右。ブレイン担当。豊富な知識と器用な手先でなんでも作る。おそらくこの子がいなくても全員死んでる。永里那とつるむことが多い。

 

朱香 スハーヤ(しゅか すはーや)右から3番目。DLC枠(500円)。幽々子を超えるほどの頭脳を持っているが会えるのは2週目から。

基本的に頭がいい上に常識も兼ね備えてるのでかなり強い。

 

この5+1人でサバイバル生活を行うわけであるがツッコミどころは満載である。

 

食糧難につき川で泳いでいる魚を取ろうという話になるのだが、網の代わりになる物を探そうという流れに。

f:id:Yaminabe:20190713020921j:plain

 

いろんな不用品が置いてある店でハンモックを発見する。

f:id:Yaminabe:20190713021104j:plain

 

(まさかこのスカスカハンモックを投網がわりにする気じゃないよな…?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Yaminabe:20190713021239j:plain

別モンじゃん!なにこの流れ!?

 

といった具合のガバガバストーリーがフルボイスで延々と垂れ流されるのである。

(声優さんマジでお疲れ様です)

 

1〜6章らへんまではこんな調子で魚→野菜→肉→…と食材取れる環境を整えていくわけだが、

 

朝、川の近くを散歩してたら岸に打ち上がってる魚が

f:id:Yaminabe:20190713022017j:plain

どう見てもピラルクチックな巨大魚だったり、

 

道に落ちてる謎の酵素を使って育てた大根が

f:id:Yaminabe:20190713021607j:plain

こんなサイズになったりするのである。死んでも食べたくない。

 

しかし四六時中こういったシーンが流れてくるので筆者もリスナーもだんだんと慣れてくるのである。適応力って恐ろしい。

 

だがこのゲーム、真打がここで登場する…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、テルミット反応である。

 

テルミット反応とは

 

金属酸化物と金属アルミニウムとの粉末混合物に着火すると、アルミニウムは金属酸化物を還元しながら高温を発生する。この還元性と高熱により目的の金属融塊は下部に沈降し、純粋な金属が得られる。また、この方法は炭素燃料を使用しないため、生成金属に炭素が含まれないという特徴もある。また、金属だけでなくアルミニウムの粉末と氷の微粒子を混合してもテルミット反応が起きる。(Wikipediaから一部引用)

 

ストーリー中ではイノシシとかシカの肉が食べたくなったけど罠を作るには鉄板の溶接、溶断が必要だからテルミット反応を利用して上手いことやっちゃおう!との事である。なにいってんだか。

 

しかしこの世界、困ったときは同人ショップにある同人誌を見れば全て書いてある、神の書物である。

 

そうして生まれた実験結果が以下の画像である、刮目せよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Yaminabe:20190713023030j:plain

 

まさかのねる◯るねるねのパクリ画像である。

おまけにこの至近距離で裸眼、敬虔な学徒を冒涜している。

 

※一応調べた感じテルミット反応の実験では安全メガネをするよう記載された記事を見かけたので良い子のみんなは失明しないよう気をつけてテルミット反応を試そう!

 

 

 

…いかがだっただろうか、これがフルプライスで購入したゲームの対価である。

でも悲しいかな、この衝撃画像を見せられても物語的には中盤、ないし核心に触れてもいないのである。

 

間延びしないよう相当端折って書いた記事でもこれだけツッコミどころが満載になるゲーム、じんるいのみなさまへ。

 

その全容を収めた再生リストを用意したのでここに貼っておきます。

お気に召しましたらチャンネル登録、高評価をよろしくお願いいたします。

www.youtube.com

 

次の記事でラストにしたいところですがあまりのツッコミどころの多さにどうするか悩む…

でもなんとか2記事ぐらいで収められるよう努力します。

ご静聴、ありがとうございました。

じんるいのみなさまへ ネタバレ付き感想 —序—

じんるいのみなさまへ

 

なんて面白そうなゲームのタイトルなのだろう——、筆者のゲームに抱いた第一印象はそれはそれはプラスであった。

 

だが彼はまだ知らない、これから始まる30時間で叩きつけられる「現実」の重みを———

 

 

 

こんにちは、やみなべと申します。

普段はYouTubeスマブラの配信とかしてます。

よかったらチャンネル登録などしていただけると非常に嬉しいです。

 

m.youtube.com

 

さてさて先日発売されましたゲームである、じんるいのみなさまへを一通りプレイし終えたのでネタバレを交えながらつらつらと感想を書いていこうかと思います。

 

ジャンルは「ガールズアドベンチャー」、公式ツイッターで「野郎(男キャラ)は登場しません」発言をするなど女の子同士でキャッキャウフフ系のゲームを目指していたのは想像に難く無いのですがファミ通クロスレビューでオール6点を叩き出すという快挙を成し遂げ、発売日前から話題となったゲームでもあります。

 

そんな目に見える地雷を踏み抜くに至った経緯ですが、

他人の評価はあてにならん!自分でプレイしてこそ公平な裁定が下せるというものだろう!

と息を巻きプレイするものの撃沈。Amazonの新品販売価格が¥4,865(07/07現在)になってしまっているのでした。トホホ。

 

www.amazon.co.jp

 

ゲームのあらすじですが、「秋葉原に旅行に来たはずなのになぜだかとっても荒廃した街…でも“こんな感じ”だった気もする… とりあえずみんなで旅行を楽しもう!」

なんともザックリしたものになっています。

 

とはいえここまでの設定はよくある導入ですので特に気にしない、オレっちも秋葉原を探索じゃー!

 

f:id:Yaminabe:20190707201514j:plain

 

え?Switchのゲームだよね?

 

あまりのピンボケ具合にちょっと目眩がしてきましたがさすがにまだ早い、と持ち直しとりあえず大通りを探索。

 

f:id:Yaminabe:20190707201910j:plain

 

なるほど、人が一人もいないのに草が生い茂ってる… これは人類滅亡後の世界なのかな?と思いつつフィールドをうろうろ

 

f:id:Yaminabe:20190707202106j:plain

 

お店と思わしき建物内にも人はおらず、埃が積み重なっていることを考えると人がいなくなってから相当な年月が経っていることが予想されます。

 

f:id:Yaminabe:20190707202634j:plain
 

2、3軒と続けて入ってみるもののやはりもぬけの殻、どうやら本当に人っ子ひとりいないようです。

 

f:id:Yaminabe:20190707203107j:plain

 

Lボタンを押すとフィールド上の各施設をまわれというお達しが出ます。(このゲームは8割Lボタンに頼ることになります)

とりあえず自分の現在地は今どこだろう…

 

f:id:Yaminabe:20190707201853j:plain
 

?????????

 

え、どゆこと?俺はどこ?

ゲームに問いかけても答えが帰ってくることはありません。

YouTubeアーカイブを見てもらえれば分かりますがマジで1時間20分ぐらいチュートリアルに費やしてます。

 

m.youtube.com

 

そうこうしてるうちに全施設の見回り完了。

ようやっと長かったチュートリアルも幕を下ろします…

 

といった形で女の子の掛け合いを楽しむゲームではあるのですが

探索パートでぶらつくことになるフィールドが2019年に発売されたとは思えないほどの低グラフィック&ところどころ発生する謎のラグがプレイヤーに尋常では無いレベルのストレスを感じさせます。

 

果たしてこのゲーム、どういう終わりを迎えるのか…

次回からはスピード感マシマシで書き連ねていきたいと思います。

ご静聴、ありがとうございました。